ヴィクトリア・アンド・アルバートとその周辺(科学館・博物館)の観光してみた!

こんにちは!

ギターとカメラをたずさえ旅しているシンガーソングライター、元救急外来看護師のAyaka Katsumata です!

 

 

 
ヴィクトリア·アンド·アルバート、こちらの美術館はすこし中心部から外れているため、行きづらいですよね、、
 
他になにがあるの?という感じだし、、
 
でも、ケンジントンパーク、ハイドパークから徒歩でいける距離なんです!
 
ヴィクトリア·アンド·アルバートそのものも素晴らしいですし、周辺の科学館、博物館も文化や教育の違いを感じて面白かったです♪
 
そこで、今回はヴィクトリア·アンド·アルバートと科学館、博物館をご紹介したいと思います^^
 

1.ヴィクトリア·アンド·アルバート/Victria and albert

 

1.公式HP

 

2.営業時間

10:00~17:45
10:00~22:00
 

3.住所

Cromwell Road,
London SW7 2RL
 

4.見所

ファッションが一番の見所かと思います!
(私のようにそんなに美術に詳しくない人にとっては、、笑)
 
クラシックで装飾ごてごての服から、シンプルでかわいい服まで。
 
今まで美術館に行ってこんなに服を見ることなかったな。
 
もちろん、そのほかの貯蔵もたくさんあります!
見切れないくらい、、
 
特別展もバランシアガなどみんな知っているようなブランドがくるので、面白いですよね♪
 
そして!
喫茶店が素敵なのです!!
私は眺めただけだったのですが、ほんとに美しかったです^^
緑のお部屋がおすすめです♪
 
ぜひ立ち寄ってみてください!
 
 
 
 

2.科学博物館(サイエンスミュージアム)

 

1.公式HP

 

2.開場時間

10:00~18:00
 

3.住所

Exhibition Road, South Kensington, London, SW7 2DD

4.見所

私はエントランスに入るとすぐ見える、2階へあがるエレベーターのオブジェ?がとても好きでした!!
かっこいいんです!
 
あと、月の石などもあり楽しかったです^^
日本の地震が体験できるのもあって、おおー!と思いました!
 
展示物との距離が近く、カラフルで子どもたちも楽しめそうだなと思いました。
 
子どものころよく科学館が好きだった私としては、日本も体験系は負けてないと思いました^^笑
 
なんのはりあい笑
 
 

3.大英自然史博物館

 

1.公式HP 

 

2.開場時間

10:00~17:50
 

3.住所

4.見所

映画「パディントン」の舞台にもなったことがあるみたい!
見たことある人は、2倍楽しめそうですね!
 
でも私、剥製好きじゃなかった、、
しかも一人で行ったので、怖すぎた><
 
でも、すっごい大きな剥製とか骨とかあるので、好き人は楽しいと思います♡
 

4.ケンジントンパレス

 
ちょっと歩きますが、こちらも行けます!
ここだけ遠いので、ご自身の予定に合わせあとにするか、最初にするか決めたらよいと思います!
詳しくはこちらの記事
 

5.まとめ

 
ヴィクトリア·アンド·アルバート
見所はやっぱりファッション!
特別展も誰でも知っていそうなファッションブランドのものばかり!
喫茶店もかわいいよ~♪
 
科学博物館 サイエンスミュージアム

大人も楽しめると好評の科学館!

エントランスの迫力に魅了される!
 
大英自然史博物館 
映画「パディントン」の舞台にもなった博物館!
たくさんの剥製などを展示!
夏は特別なイベントもやってました^^
 
ケンジントンパレス
こちらも行けるよ~!
詳しくはこちらのページから
 
大英博物館に比べて、中心部から外れてるので、行きづらいかもですが、ハイドパークまでいくときは行く価値ありです!
 
貯蔵品が多すぎる!
科学館、博物館も一緒に楽しんでみてくださいね!
 

最後までお読みいただきありがとうございました!


News Letter
“into the Trad for ayaka”
LIVE映像+音源11本オリジナルソング3曲の音源をプレゼント中!!
 登録フォーム⇒https://maroon-ex.jp/fx83057/o6WTcY

      News Letter を登録してくださった方に、  
     ・特典音源の配信 
     ・YouTube、ブログの新着情報(主に海外生活で役立つ情報や海外の音楽のカバーを発信しています!)
     ・製作の裏話などをお送りしています♪
      今のところ、週に1回程度の予定です^^

      登録時の特典として、Live映像+音源を11曲、オリジナル音源を3曲を、無料でプレゼントしています!
      BlueはiTune等の音楽配信サイトでも販売しているCDになります♪

      ※よくある宣伝、告知ばかりを押し付けるようなメルマガにはしないので、
           定期的にチェックするメールアドレスを登録してもらえたらうれしいです^^

     ↓↓登録フォーム(画像をクリックしてください)

 
 

【ワーホリ】列車とフェリーで行く!イギリスからアイルランドへの旅行!

こんにちは!

ギターとカメラをたずさえ旅しているシンガーソングライター、元救急外来看護師のAyaka Katsumata です!

 

イギリスからアイルランドへ電車とフェリーで行くことができるのはご存じでょうか?

格安飛行機ももちろんありますが、「車窓からの旅」とか憧れませんか?笑

ただのミーハーですが、、^^;

でも今回、私がこの交通手段を選んだ一番の理由はギターを持っていたのと、荷物が重かったから!

格安飛行機って荷物超過に厳しく高額なチケットになる場合が多いんですよね、、

ということで、今回はアイルランドからイギリスへ電車とフェリーで行く方法をご紹介していきます!

▼Youtubeではユーストンからダブリンへの行き方を紹介しています♪

1.チケット購入

なるべく安くて早く到着できるチケットがよいですよね!

購入方法は①Virgin Trainの窓口 ②Virgin Trainのサイト から購入できます^^

私は出発が運悪く祝日の月曜日だったのでサイトから予約しました!

チケットは片道で£47でした^^

1.Virgin Train  Sailrail で検索!
  https://www.virgintrains.co.uk/tickets/further-afield/ferries

2.Irish Ferries/Stena Line どちらか選択
  一緒に調べられる方法が分かったら報告したいと思います^^

3.チケットを比較して予約!

4.駅に自動券売機があるので、そこに予約時にもらうコードを入力すると事前に購入できます^^
  (たしか前日24時間前くらいから!予約時のフォームに書いてあるはずです!)

2.搭乗

私はロンドンに住んでいたので、ユーストン(Euston)駅から搭乗ました!

私の場合、数日前にVirginTrainからこんなメールが、、

「Bank Holidayの土日、システムの調整で駅を閉めるから、月曜日はすごい混むかも!
 月曜日はお昼くらいから開くよ!」

なんで、祝日に、、!!さすが海外と感じました、、

しかも私の電車は12:07出発、、お昼って何時?大丈夫なの??

結局、予定時刻よりも30分遅く呼ばれましたが、ちゃんと搭乗できました^^

3.乗り継ぎ

私のチケットは【Euston→Crewe→Chester→Holyhead→Dublin Ferryport】という乗り継ぎでした!

Euston→Crewe 12:07
Crewe→Chester 13:53
Chester→Holyhead 14:24
Holyhead→Dublin Ferryport 17:15

私は途中、日本人のご夫婦とご一緒させていただき、スムーズに乗り継ぎをすることができました!

ありがとうございます!!

迷いそうな場合はすぐに駅員さんに聞きました。

プラットフォームまで意外と遠い場合もあるし、エレベータがすぐに見つからない場合もあるので、常に早歩きで乗り込まなきゃいけなかったです!

そして、連休の最終日を選んでしまった自分のせいなのですが、Chester→Holyhead間はとんでもなく混んでいて、席予約してあるのに、そこまでたどり着けずずっと立っていたので、つらかった、、><

入国前からこの日を決めていたので、Bank  Holiday(イギリスの連休)を見落としていました、、

要注意です!!

最後の3駅分くらいは座ることができました♡

4.フェリー

出国はとくに何もないので、普通に乗り込むだけ!

なんとその日は大荒れ、、

正直なところ、めちゃ酔いました、、

もっと天気がよかったら大丈夫だったんだどうな

映画を見られるスペースがあったので、子どもたちに混ざってディズニー映画をみながら気を紛らわしました、、

なんとか到着!!

5.入国手続き

私はワーホリだったので、ワーホリ許可証を提示。

ここでの質問は
「どこに住むの?」
「仕事するの?」

くらいなものでした。

ワーホリの人なんてなかなかいなくて、なんでそんな時間かかっているの?と長蛇の列が、、

ごめんなさい!!

「○月○日まで(3か月後)に手続きしてね、それまでの入国許可のスタンプ押すね」

とスタンプをもらい、晴れて入国!!

出てすぐのバス乗り場にダブリンバスの乗り場があり€3でチケットを購入できました^^

バスで中心街まででて、予約してあったホステルへ行きました!!

 

結構遠くて、雨も降ってたので、大変だった、、><

というわけでなんとか到着!!

6.まとめ

1.①サイトから予約→自動発券機 / ②当日Virgin Trainの窓口で購入

2.乗り継ぎは、迷いそうだったら、すぐに駅員さんに聞く

3.フェリーは天気が悪いとめっちゃ揺れる、、

4.いろいろ大変なこともあるけど、格安! 
  £39~購入可能! 荷物の超過なし!

正直、酔ってほんとに大変だったので、おすすめかというとうーんという感じなのですが、
大きな荷物を持っている場合は追加料金なくよいと思います^^

あと、混んでなかったらもっと楽しかったと思う!

イギリスからアイルランド、ダブリンへフェリーで行こうと思っている方のお役に立てたらうれしいです^^

最後までお読みいただきありがとうございました!


News Letter
“into the Trad for ayaka”
LIVE映像+音源11本オリジナルソング3曲の音源をプレゼント中!!
 登録フォーム⇒https://maroon-ex.jp/fx83057/o6WTcY

      News Letter を登録してくださった方に、  
     ・特典音源の配信 
     ・YouTube、ブログの新着情報(主に海外生活で役立つ情報や海外の音楽のカバーを発信しています!)
     ・製作の裏話などをお送りしています♪
      今のところ、週に1回程度の予定です^^

      登録時の特典として、Live映像+音源を11曲、オリジナル音源を3曲を、無料でプレゼントしています!
      BlueはiTune等の音楽配信サイトでも販売しているCDになります♪

      ※よくある宣伝、告知ばかりを押し付けるようなメルマガにはしないので、
           定期的にチェックするメールアドレスを登録してもらえたらうれしいです^^

     ↓↓登録フォーム(画像をクリックしてください)

【予約不要!無料ミュージカル!】ロンドンでとことん安くミュージカルを楽しむ~The Scoop編

こんにちは!

ギターとカメラをたずさえ旅しているシンガーソングライター、元救急外来看護師のAyaka Katsumata です!

 

 

イギリス、ロンドンの観光と言えばミュージカルは大きな目玉の一つですよね!

以前、年に1回のミュージカルのイベント「West End Live」をご紹介しましたが、

今回は週に2回、野外で上演している無料のミュージカルをご紹介したいと思います!!

1.開場時間

18時から

木曜日、土曜日

2.予約

予約は不要です^^

土曜日に行きましたが、座れましたよ♪

3.場所

More London Riverside
between London Bridge and Tower Bridge
London
SE1 2DB

最寄駅:ロンドンブリッジ(Tube: London Bridge)

結構歩きました。。

きょろきょろしていたら、警備員の黄色いジャケットを着た人に「どこに行きたいの?」と話しかられました!

「”The scoop”というミュージカルの会場を探してます!」と伝えると、「あの角を曲がったところだよ~」といわれました。

それで終わるかと思えば、「ホームレスって知ってる?お金がなくて困っている人がたくさんいるんだ。少しでもお金もらえると救えるんだけど」と。

このおじさん、結構よごれた格好をしていて、工事中の警備員なのかなって思ってたら違った。。

ホームレスさんだった。。

「ホームレスさん、私としては職を選ばなければ働けると思うのです。

そして、こういった募金はホームレスであり続けることを助長することになると考えているので、募金できません。」

とまでは言わなかったけど、「NO~」といってさよならしました。

地区的にに観光地なので、気を付けないといけないですね。。。

ちなみに迷ったら、場所はロンドンブリッジ、巡洋艦ベルファスト記念艦が見えるところなので、

そっちを伝えたほうがよいかも^^(そっちのほうが有名なので)

4.会場

円形の演劇場です

フリーイベントすべてに言えますが、クッション性の高い座布団などがあると快適に見ることができると思います^^

5.演目

演目はシーズンで変わるよう?

詳しくはわかりませんでした。。

でも、私が行ったときは3部構成で

回を重ねるごとにだんだん大人向けの演目になっていきました^^

題名は忘れてしまったのですが、

1部  冒険もの

2部  その続き

3部  神話もの

1部、2部は旅人たちが巨人と戦ったり、無人島に行きついたりという童話を題材にした演目でした。

3部になると突然難しく、ちょっと堅苦しいものに!

復讐、殺人などのシーンもあり、完全に大人向けでした。

外も暗くなっていたしね。

 

フリーのイベントですが、役者の方たち演技は魅力的でコミカルだったり、迫力があったり、話に引き込まれました!

年配の男性の役が復讐にかられ、多量に殺害していくのですが、迫力がすごくすばらしい演技です!

また、舞台は使いまわしですが、スモックを使ったり、他の小道具もしっかりしていて十分楽しかったです♪

料金は無料ですが、最後募金を呼び掛けられるので、作品が気に入ったら募金するとよいかもしれませんね^^

6.まとめ

1.ロンドンブリッジ駅から徒歩20分ほど、無料の野外ミュージカルイベント

2.予約不要、無料!

3.演目も十分楽しめる!!!

無料なので、空いた時間に気軽に行けますね!

また、観光の方は夜のロンドンブリッジ観光のあとに、ふらっと立ち寄って楽しむのもよいと思います^^

ぜひぜひ行ってみてください♪

最後までお読みいただきありがとうございました!


News Letter
“into the Trad for ayaka”
LIVE映像+音源11本オリジナルソング3曲の音源をプレゼント中!!
 登録フォーム⇒https://maroon-ex.jp/fx83057/o6WTcY

      News Letter を登録してくださった方に、  
     ・特典音源の配信 
     ・YouTube、ブログの新着情報(主に海外生活で役立つ情報や海外の音楽のカバーを発信しています!)
     ・製作の裏話などをお送りしています♪
      今のところ、週に1回程度の予定です^^

      登録時の特典として、Live映像+音源を11曲、オリジナル音源を3曲を、無料でプレゼントしています!
      BlueはiTune等の音楽配信サイトでも販売しているCDになります♪

      ※よくある宣伝、告知ばかりを押し付けるようなメルマガにはしないので、
           定期的にチェックするメールアドレスを登録してもらえたらうれしいです^^

     ↓↓登録フォーム(画像をクリックしてください)

【ロンドン観光】たったの£6の格安チケットでバレエ鑑賞!?~ロイヤルオペラ編

こんにちは!

ギターとカメラをたずさえ旅しているシンガーソングライター、元救急外来看護師のAyaka Katsumata です!

 

 

ロンドンへ旅行中、バレエを鑑賞したいと思っても、席が高いだろうと諦める方も多いのではないでしょうか?

しかし、たった£6でロイヤルホテルハウスでバレエを鑑賞してきました!!

今回はどのようにチケットを購入したのかご紹介したいと思います^^

1.ロイヤルオペラハウスのチケット購入の流れ

1.ロイヤルホテルハウスのホームページで、チケット購入ボタンをクリック

2.作品下の BUY というボタンをクリック

3.席のエリアを選択します

Copyright © 2017 Ayaka Katsumata All rights reserved.

 

Amphitheatre バルコニー(2階席よりも上段の席)

Balcony 2階席

Donald Gordon Grand Tier

Stalls Circle 

Orchestra Stalls 1階席の真ん中の席

Wheelchair Spaces

*エリアの下にそのエリア内でいくらからいくらのチケットが残っているか書いてあるので、

 見てみてください^^

4.座席選択

①小さな●をチェックするとひだりに値段が出てきます

②この席でよかったらクリックして購入へ

*Friday Rushという制度があるみたいで、すこしいい席も近くなると安くなっていましたので、

 そのチケットを購入しました!

5.Add to basket をクリック

6.デフォルトで寄付の値段が合算されているので、必要に応じて Remove をクリックしてください。

7.購入

  会員登録してくださいって出ると思うので、する。(すでにしてあるのでお見せできません、、)

  その後、購入のところで私はe-ticketを選択しました^^ 楽ちんですよ♪

 

8.購入の確認メールが届きます

 

9.e-ticket

10 .当日はエントランス入って右手のe-ticketのカウンターへ行けば大丈夫です!!

2.実際にロイヤルオペラハウスへ行ってみた!

私はこちらのバレエの演目を見てきました!!→http://www.roh.org.uk/events/s264w

語学学校で出会った芸大のお友達おすすめのもので、とても楽しかったです♪

3演目あって、2演目のものが私的に好きでした。

お話はよくある感じで、昔の貴族の既婚の女性が絵描きと不倫してばれて、何もかも失うという話。

でも、登場人物すべてのダンスが色気がありながら、美しくていつまでも見ていたい!ってなりました!!

また、人間の綺麗なだけじゃない感情も十分表現されていて好きでした!

ただ、立ち見の席で、やはり端は見切れていました。

安い席なのでしかたないですね。

でも、十分楽しめました!!

ワーホリで長期滞在している人など、6ポンドだったら何度でも気軽に行けるのでよいと思います!

3.まとめ

1.購入はロイヤルオペラハウスの公式ホームページからでも安く購入できます!

2.何度も行く、試しに行ってみるなら、安いチケットで何度も行くのもよいかも! 

  楽しさが分かったらよい席のチケットを購入すればよいですしね^^

3.バレイ団の迫力がすごい!素人の私でも全然あきませんでした!

 

あんなにすばらしいレベルの公演がこんな気軽な値段で見に行くことができるなんて本当にすごいですよね!

日本よりアートが身近だなとつくづく感じます。。。

ぜひ気軽にオペラハウスへ足を運び、楽しんでくださいね!

経済的に余裕があるなら、良い席をとって満喫するのもありだと思います!^^

最後までお読みいただきありがとうございました!


News Letter
“into the Trad for ayaka”
LIVE映像+音源11本オリジナルソング3曲の音源をプレゼント中!!
 登録フォーム⇒https://maroon-ex.jp/fx83057/o6WTcY

      News Letter を登録してくださった方に、  
     ・特典音源の配信 
     ・YouTube、ブログの新着情報(主に海外生活で役立つ情報や海外の音楽のカバーを発信しています!)
     ・製作の裏話などをお送りしています♪
      今のところ、週に1回程度の予定です^^

      登録時の特典として、Live映像+音源を11曲、オリジナル音源を3曲を、無料でプレゼントしています!
      BlueはiTune等の音楽配信サイトでも販売しているCDになります♪

      ※よくある宣伝、告知ばかりを押し付けるようなメルマガにはしないので、
           定期的にチェックするメールアドレスを登録してもらえたらうれしいです^^

     ↓↓登録フォーム(画像をクリックしてください)

 

 

【ライオンキング/レミゼも全部無料!】ロンドンでミュージカルをとことん安く楽しむ2日間!!

こんにちは!

ギターとカメラをたずさえ旅しているシンガーソングライター、元救急外来看護師のAyaka Katsumata です!

 

  イギリス、ロンドンの観光の中で、ミュージカルは大きな目玉の一つだと思います!

しかし、人気作品を全部見るには、お金も時間もないですよね、、

そこで、今回は「WEST END LIVE」というミュージカルのフリーイベントをご紹介したいと思います!!

 

1.”WEST END LIVE”とは?

毎年、6月にトラファルガー広場で行われるミュージカルのフリーイベント!

(トラファルガー広場はナショナルギャラリーの真ん前の広場です♪)

2日間にわたり行われ、なんと57作品が無料で見れてしまいます!!
ライオンキング、レミゼラブル、アニーなど人気なものはほぼ網羅されています!

イギリスの地元民にも人気なイベントの一つのようです♪

2.実際に行ってみた

11時から開始だったので、1時間前に集合。

その後、コンビニに寄ってから、向かいました!

すると、長蛇の列!!!一駅分はありましたね、、

この原因は荷物チェックであり、人数制限ではありませんでした。

悲しいことに2時間ほどかかりました、、

しかも入場もまじかになってところで、「ライオンキング」が始まってしまいました><

残念すぎる!でも結構近かったので、音と大きなモニターで少しだけ楽しめました♪

その後、入場!!

でも、なぜかみんな立ち見。小さい私には無理><

座ればみんな見れると思う。。

(以前このトラファルガー広場であったオーケストラのフリーイベントはみんな座ってた、、)

でも、大きなモニターがあるから楽しめます!!

そして、イギリスの人たちはみんなミュージカルが大好き!

「マンマミーヤ」の時はみんな歌っていたし、

「スリラー」の時はみんな踊ってた♪

盛大に盛り上がったのは、やっぱり「レミゼラブル」!

演者の数も多くすばらしい演技でした^^!!

でも、私個人的に一番感動したのは「オペラ座の怪人」!

映画が大好きなんですよね!

映画館で見たときに、オープニングの壊れた大きなシャンデリラが天井へ再び戻りながら、以前の美しい会場に戻ってくるシーンのあまりの美しさとセットの細かさに泣きそうになったことがあるほど。。笑

今回のイベントでもおなじみのあの曲がかかると、観客も大盛り上がり♪

私もまた泣きそうになりました^^笑

そんなこんなで立ち見と人ごみの多さから、私たちは2間半ほど鑑賞後会場を後にしました!

観光でこの日って決めていたら見ていたと思います!!

3.上映作品(2017年)

SATURDAY 24 JUNE 2017

11.00 – DISNEY’S ALADDIN

11.15 – THE WIND IN THE WILLOWS

11.25 – WICKED

11.40 – MOTOWN THE MUSICAL

11.50 – ON THE TOWN

12.00 – 42ND STREET

12.15 – AN AMERICAN IN PARIS

12.25 – KINKY BOOTS

12.35 – MATILDA THE MUSICAL

12.40 – HALF A SIXPENCE

12.50 – PHANTOM OF THE OPERA

13.05 – LES MISÉRABLES

13.20 – DREAMGIRLS

13.35 – BEAUTIFUL – THE CAROLE KING MUSICAL

13.50 – ANNIE

14.00 – MAMMA MIA!

14.15 – THRILLER LIVE

14.35 – FIVE GUYS NAMED MOE

14.50 – EVERYBODY’S TALKING ABOUT JAMIE

15.00 – THE TOXIC AVENGER

15.10 – JESUS CHRIST SUPERSTAR

15.30 – CHARLIE FINK

15.40 – THE BLUES BROTHERS

15.55 – SYLVIA YOUNG THEATRE SCHOOL

16.10 – ENGLISH NATIONAL OPERA

16.25 – 13 THE MUSICAL

16.35 – ROYAL OPERA CHORUS

16.50 – WEST END GOSPEL CHOIR

17.00 – FERRIS AND MILNES

17.10 – HAIR

17.20 – OUR HOUSE

17.30 – STOMP

17.45 – BAT OUT OF HELL THE MUSICAL

18:00 – SHOW ENDS

2017年のサイトはこちら→http://www.westendlive.co.uk/ 

 

4.まとめ

1.結構な体力が必要なので、サイトでみたい作品を確認していったほうがよいともいます!

2.どうしても開場すぐに入場したい場合は、2・3時間前に行かないと難しいと思います!

3.立ち見しやすい恰好で♪ 
  日焼けもしますので、日焼け対策も!

お金はないけど、ミュージカルを楽しみたかった私としては本当にすばらしいイベントでした^^

ロンドンはフリーイベントが多く、アートがとても身近に感じられる町だと思います♪

ぜひ、このイベントを利用して自分が本当にみたいミュージカルを見つけてくださいね!!

最後までお読みいただきありがとうございました!


News Letter
“into the Trad for ayaka”
LIVE映像+音源11本オリジナルソング3曲の音源をプレゼント中!!
 登録フォーム⇒https://maroon-ex.jp/fx83057/o6WTcY

      News Letter を登録してくださった方に、  
     ・特典音源の配信 
     ・YouTube、ブログの新着情報(主に海外生活で役立つ情報や海外の音楽のカバーを発信しています!)
     ・製作の裏話などをお送りしています♪
      今のところ、週に1回程度の予定です^^

      登録時の特典として、Live映像+音源を11曲、オリジナル音源を3曲を、無料でプレゼントしています!
      BlueはiTune等の音楽配信サイトでも販売しているCDになります♪

      ※よくある宣伝、告知ばかりを押し付けるようなメルマガにはしないので、
           定期的にチェックするメールアドレスを登録してもらえたらうれしいです^^

     ↓↓登録フォーム(画像をクリックしてください)

【イギリス/ロンドン観光】無料で楽しむモダン美術館5選!!

こんにちは!

ギターとカメラをたずさえ旅しているシンガーソングライター、元救急外来看護師のAyaka Katsumata です!

 

 

イギリスの観光といえば!

無料である美術館に行ってみたいと思う方は多ですよね!

 

そんな中で、モダンアートの美術館、テートモダンに魅了される人も多いのではないでしょうか?

 

そして、有名な美術館の一つであるテートモダンからもわかるように、モダンアートも大きな魅力の一つだと思います。

 

でもテートモダン以外では、どこでモダンアートに出会えるのでしょうか?

 

私はまったくわからない状態だったのですが、美術館に詳しい友人に聞いたり、ブログなどで調べたりして、自分でコースを作り1日回ってきました!

 

有名な美術館とは違う魅力、現在に新しいものを生み出そうとする人たちの情熱を感じ、とても楽しかったです!

 

そこで、今回はイギリス、ロンドンでモダンアートを楽しむ1日コースをご紹介しようと思います♪

少しモダンアートから外れるものありますが、マイナーなところなので一緒に回ってみてください♪

 

 

1.フォトグラファーギャラリー/Photographer gallery

1.営業時間

月曜日~土曜日: 10.00 – 18.00

木曜日: 10.00 – 20.00 during exhibitions
   

日曜日: 11.00 -18.00

*閉館30前にはご入場できません。

 

2.最寄駅

オックスフォードサーカス駅 徒歩10分

 

3.見どころ

私が訪れたときは、

その人の写真は絵画のような写真でした。

空虚な家や物寂しい自然の中に、裸の人がぽつんと立っていたり、横たわっていたり。

かなり大がかりなセットで撮影しているようで、写真集などを拝見できるスペースではセットなどや本人のインタビュー映像も見ることができました!

 

2.サーペンタイン/Sarpentain

1.営業時間

火曜日~日曜日 10:00~18:00

 

2.最寄駅

ランカスターゲイト駅

広大な敷地を誇るハイドパークの中にあるので、到着までに30分くらいかかりました。

しかし、ちょうど私が訪れた日は晴天だったこともあり、ハイドパークの中のちょっとした建築物やガーデン、銅像など、すてきでした!

散歩したりするだけでも楽しい♪ただ広すぎる。。

 

3.見どころ

なんといっても、毎年6月中旬から11月中旬まで設置されるパヴィリオン(庭園の中の憩いの場所のこと)ですね!

中はカフェになっていて休憩することができます♪

また、サーペンタインの展示も、かなりモダンだけど、どこか微笑んでしまうようなかわいらしい展示物で、楽しかったです♪

 

 

2-2.ケンジントンパレス

ちょっと寄り道。

まだ時間があったら駅へ帰りがてら、ケンジントンパレスへ寄るのもよいかも

見学は有料なので入場しませんでしたが、入場口の左手にある小さなガーデンを覗いてきました。

とてもかわいかった♪

通常は色とりどりの花が植えてあるみたいなのですが、私が行った時は限定の「White Garden」で、きれいでした^^

 

3.サーチギャラリー/Saatchi galley

1.営業時間

毎日10:00~6:00

最終入場時間は5:30

 

2.最寄駅

Sloane square駅

 

3.見どころ

私帰ってから気づいてのですが、、、

行くの忘れました!笑 ガーン! ハイドパーク、歩き疲れてた、、

だから詳しいことはわからないのですが、体験型、参加型の展示もあるようで、コンテンポラリーが好きな人は必見とのことですー、、

今度行きます!

 

4.ホワイトキューブ/White Cube

 

1.営業

火曜日~土曜日 10:00~18:00

 

2.最寄駅

ロンドンブリッジ駅から徒歩10分

 

3.見どころ

私が行ったときは、「女性の性」をテーマにしていて、グロテスクなものからポップなものまでいろいろありました。また、展示も絵から物、映像まで沢山!

展示を見ていると、「妊娠したら愛がなくなる」とか、「妊娠したのに子どもいらない」とか、そんな人間の矛盾を突き付けられているようでちょっと気持ち悪くなったけど、眼をそむけちゃいけない現実だと思いました。

と、そこまで考えさせられるまで、印象的な作品の数々に感動しました!

 

4-2.ちょっと寄り道 バラマーケット

 

沢山の屋台やお花屋さんなど、人もたくさんで大盛り上がり!!

すごいよ~

あと、日本のような水が飲める機械があって助かった笑

 

5.テートモダン/Tate Modern

1.営業時間

月曜日~日曜日 10:00~18:00

 

2.最寄駅

 

3.見どころ

いわずもがな、有名なテートモダンへ。

3回目なんだけど、いつも途中半端だったから今日はじっくりと。

時間なかったですが、さらっとすべての無料フロアを回りました。

日本人が誇る、アナーキーの作品も!迫力ありました。

ヨーロッパまできてあれだけど、ベトナムの女性のモノクロ写真が一番好きだったな。

 

世界で一番高価と言われる作品!は見たことない。追加で入場料とられちゃう。

無料で見ることができる作品もたくさんでちゃんと見るには半日はかかると思います!

 

6.まとめ

 

 

1.フォトグラファーギャラリー/Phtographer gallery

写真好きならぜひ!

2.サーペンタイン/Sarpentain

パビリオンの時期ならぜひ!そして作品はかわいい。

3.サーチギャラリー/Saatchi galley

参加型の展示もあるみたいです!

4.ホワイトキューブ/White Cube

コンテンポラリーが好きならぜひ!作品も興味深いし建物自体も天井が高く好きでした♪

5.テートモダン/Tate Modern

  イギリス来たなら、行かなきゃですね^^

 

とっても楽しかったのですが、結構歩き疲れました^^;

ハイドパーク素敵なのですが、体力をすべて持ってかれました、、

 

イギリス、ロンドンは回るところが沢山ですが、

もしモダンアート、コンテンポラリーに興味のあれが行ってみてくださいね!!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!