[ワーホリ準備]失敗しない!自分でできるアイルランド、ワーホリビザの申請方法!~大使館、大切!編~

こんにちは!

ギターとカメラをたずさえて旅をしているシンガーソングライター、元救急外来看護師のAyaka Katsumata です!

 

 

旅行が好きな方は、ワーキングホリデーで海外へ長期滞在することを一度くらい考えたことがあるのではないでしょうか?

場所としては英語圏のオーストラリア、カナダ、イギリス、そしてアイルランドが行きやすいですよね。

その中でもアイルランドはイギリスと違いビザも所得しやすく、ヨーロッパに近くヨーロッパ圏を旅行しやすいのが魅力的な国です^^

でも、いざアイルランドに行ってみたいと思い調べだすと、業者が提示する金額があまりにも高かったり、かといって自分で取得するのもちゃんと取得できるかと、不安が募ってしまいますよね、、

私も不安でした、、、

でも、私の渡航はイギリスへの3か月の語学学校への滞在後、そのままアイルランドへ渡るという少し変則的なものだったので、ひやひやしながら自分でワーキングホリデーのビザを取得しました^^

今回は私の失敗を活かして、スムーズなアイルランドのワーキングホリデービザの取得方法をご紹介したいと思います!

1.アイルランド大使館のホームページで「申請の案内」を確認

オフィス, 税, ビジネス, ファイナンス, ドキュメント, 会計士, 会計

申請資格や応募期間など毎年変更されます!
お恥ずかしい話、実は私は1年ワーキングホリデーを延期していて、去年と同じ応募時期だろうと思い、応募メールを送ったところ、「違うメールアドレスと応募期間になっているよー」(当然ですがこの通りのメールではないです。)と返信が来ました、、
イギリスのワーキングホリデーの手続きも代行している会社に、アイルランドもその年から依頼したみたいで少し変更点がありました。
また、ワーキングホリデーの斡旋業者も応募要件を乗せていますが、最新なのか分かりません。
まずは大使館の情報が一番正確で大切だと思います!

↓↓アイルランド大使館のホームページ 
https://www.dfa.ie/irish-embassy/japan/our-services/visas/working-holiday-programme/
ホームページの下に行くと申請のご案内というリンクが見つかるので、そのリンクをクリックしてください。

 

2.申請メールの作成

ポストボックス, 投稿, メール, ボックス, 壁, 乾燥, 石, 通信, 赤

↓↓アイルランド大使館のホームページ 
https://www.dfa.ie/irish-embassy/japan/our-services/visas/working-holiday-programme/
ホームページの下に行くと申請書というリンクが見つかるので、そのリンクをクリックしてください。

申請書の記入例はこちら!!

3.申請結果発表まで必要書類の準備をする!

書き込み, 人, 書類, 紙, ノートブック, コーヒー カップ, 仕事, 作業

私は結果発表前にも多少は必要書類について調べていたのですが、二度手間になると思ったので、申請結果が分かってから本格的に始めました。しかし、私は2月15日に発表を受け、5月15日に出発したのですが、4月上旬にすべて準備ができて必要書類を提出、4月下旬に申請が下りるというぎりぎりのスケジュールになってしまい、ひやひやしました。。パスポートも提出するから返信がないと出国できない。なので、倍率の高いイギリスは別として、待ってる段階で準備しておき、結果がわかったらすぐに申し込めるようにしておくとよいと思います。
当選結果のメールでも、
「日本出国予定は、資料提出後、最低2ヶ月先でお願いします。3月下旬、4月上旬に渡航予定の方は、直ちにアイルランドワーキングホリデープログラム申請センター(VFSサービシズジャパン)へ資料をお送りください。但し、渡航日は申請センターに資料到着後、最低1ヶ月先でお願いいたします。渡航が当面先の方でも4月末までにはお送りください。」と書いてあります。

必要書類の手配

!!!以下の3点は特に時間がかかるのでご自身の学校、銀行、保険会社に確認してください!!!!

 1.卒業証明書、または在籍証明書(英語原文)

 自分の学校のホームページに行くと英文の履歴書の取得方法が大抵の場合載っています!

 2.残高証明(英文原本)

  私の見方が悪いのかもしれませんが、アイルランドの大使館のサイトで申請日から何日以内のものとは
 確認できませんでした。でも他国の申請では大抵申請日から1か月以内のものとなっています。
  私も申請日から1か月以内を提出しました。

 3.海外保険(海外保険契約書)(英文原本とA4コピー1枚)

  私は「保険のチカラ」という会社が取り扱っている東京海上日動の保険にしました。
  AIGなどの代表的なものと同様の保険内容ですが、格安の18万5010円でした!
 (残念なことに2017年の年末より変更になるようです。それでも21万くらい。)
  それより下の12万くらいのコースもあります。
  Hpはこちら⇒http://hoken-power.co.jp/ryugaku_insurance/

ー以下のものはそれほどかかりませんので、時間があるのであれば結果が分かってからでもよいと思います。ー

 4.証明写真2枚(6ヶ月以内に撮影されたもの)

  写真の指定が見つからなかったのですが、申請書の写真のサイズに合わせて、
 縦4.5×横4㎝の白背景で撮影しました。ちなみにカメラのキタムラへ行きました。 

 5.航空チケット(原本とA4コピー1枚)

  おなじみのSky scannerで片道5万1110円、結局ギターも持ってきたので荷物預かりで+25800円。合計で7万6910円でした。アイルランドへの直通はないので、イギリスからアイルランドへの航空券も購入。斡旋業者の方はフランスからアイルランドへ入国したほうがいいとは言ってましたが、普通に入国できました。私の場合、トラベルコ、Expediaも調べましたがSky scannerが一番安かったです。

 6.返信用レターパック510

  郵貯に行けば購入できます。一応、パスポートが入っているので、送付もこのレターパックで行いました。

 7.英文履歴書

  正式なものではないので、必要なことが書いてあれば大丈夫です。今度、詳しいの載せようと思います。
  でも、就活も早めに考えておきたい人はちゃんと用意したほうがよいですね。

 8.パスポートコピー

 9.申請結果のメールのコピー(結果がきたら)

4.申請結果発表まで、情報を集める!

ディスカッション, レストラン, ビジネス, コーヒー ショップ, のパートナー

みんながどのように渡航したのか、近くにワーキングホリデーの経験のある人がいたら直接話を聞かせてもらったり、ブログを見たりして情報収集をするとよいと思います!ワーキングホリデーの経験のある友人や、ブログなどを読んで情報を集めましょう!

また、斡旋業者に話を聞きに行くのもよいと思います!
たとえ、個人で申し込もうと決めていても、実際に話を聞いてみて、手数料が妥当だと思えば申し込む可能性もあるので、前向きに質問してみましょう!
私もアイルランドのワーキングホリデーに関して「I.C.Tアイルランド留学センター」で話を聞かせてただきました。またイギリスの語学学校に関しては、「成功する留学」「留学ジャーナル」「イギリス・ロンドン留学サポートオフィス」で話を聞かせていただきました。音楽だけでの留学も考えていたので、「アンドビジョン」への行きました。
結果として、イギリスからアイルランドへ直接行くことに関して、経験がなく責任が取れないとどこの会社もおっしゃっていたので、自分で取得、手配することにしました。
手数料も「イギリス・ロンドン留学サポートオフィス」さんを除き、私としては高かったです。

5.申請の結果のメールをもらう!

私自身、イギリスと違いアイルランドは落ちたという話はあまりないと聞いていたのですが、書類の漏れなど何があるかわからないと正直心配していました、、なので、申請の結果がわかり受かったときは本当にうれしかったです^^その日、夜勤の仕事をしていてよく親切にしてくださる先輩と一緒だったので、休憩中に「受かりました~」と報告してしまいました笑
結果発表日、無事に通過していればこんなメールが届きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

申請者様

 

この度、アイルランドのワーキング・ホリデー・オーソリゼーションの申請許可が下りましたので、お知らせいたします。

申請照会番号: ○○−●●●−□

上記申請照会番号は、添付補足申請フォームと提出書類の封筒の表に記載が必要です。

3ページある添付PDFファイルの指示に従い、必要書類をアイルランドワーキングホリデープログラム申請センター(VFSサービシズジャパン)までご郵送願います。(こちらのメール文書は、プリントアウトし、一緒にご提出ください。)なお、日本出国予定は、資料提出後、最低2ヶ月先でお願いします。3月下旬、4月上旬に渡航予定の方は、直ちにアイルランドワーキングホリデープログラム申請センター(VFSサービシズジャパン)へ資料をお送りください。但し、渡航日は申請センターに資料到着後、最低1ヶ月先でお願いいたします。渡航が当面先の方でも2017年4月末までにはお送りください。

宜しくお願い致します。

アイルランドワーキングホリデープログラム申請センター
VFS GLOBAL
EST. 2001 | Partnering Governments. Providing Solutions.
Edificio Toko Bldg 4 Floor, 2-3-14 Higashi-shinbashi, Minato-ku, Tokyo 105-0021, Japan
workingholiday.ie.jp@vfshelpline.com |  http://www.vfsglobal.com/Ireland/Japan/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6.結果発表後

春, チューリップ, きれいな女性, 若い女性, 花, 女性, 自然, 幸福

申請の結果のメールが届いたら、必要書類の準備を整えて送付しましょう!
上記の書類以外では、申請結果のメールをコピーすれば終わりです。
私の場合は30日もかからず、返信が来ましたよ!

7.まとめ

以上のことをまとめると

1.申請についてはアイルランド大使館の「申請の案内」を確認する!
2.結果を待っている間に、卒業証明書or在籍証明書、残高証明、海外保険契約書は早めに確認、準備する!
3.結果を待っている間に、友人やブログ、斡旋会社から情報を収集する。

お金もらってないけど、保険は「保険のチカラ」という会社が取り扱っている東京海上日動の保険が安かったからおすすめ!違う国のワーホリでも契約できます。
Hpはこちら⇒http://hoken-power.co.jp/ryugaku_insurance/

私自身、写真のサイズや残高証明の期限、保険についてよく分からず本当に困りました。
いろんなサイトを見たり、比較して沢山の時間をかけた内容がこの1ページにまとまっているので、
今アイルランドへのワーホリを考えている人の手助けになればとてもうれしいです^^

ぜひ、私のようにせっぱ詰らず、正しい情報を元にスムーズに優先順位をつけて準備してくださいね!!

最後までお読みいただきありがとうございました!

News Letter
“into the Trad for ayaka”
LIVE映像+音源11本、オリジナルソング3曲の音源をプレゼント中!!

 

News Letter を登録してくださった方に、ブログとYouTubeを更新したときメールをお送りしています♪
ブログとYouTubeでは、ワーキングホリデーなど海外生活で役立つ情報や
海外の音楽のカバーを発信しています^^

特典として、Live映像+音源を11曲、オリジナル音源を3曲を、無料でプレゼントしています!!
BlueはiTune等の音楽配信サイトで販売しているCDになります♪

※なお、登録にお金は発生しません。
また迷惑メールなどは一切送りませんのでご安心ください。

↓↓登録フォーム(画像をクリックしてください)

https://ayaka-music.com/newsletter