アイルランドで最も愛されるシンガーソングライター!ポール・ブレイディ編

こんにちは!

ギターとカメラをたずさえ旅しているシンガーソングライター、元救急外来看護師のAyaka Katsumata です!

 

日本にいても、アイリッシュの曲を学ぶことができますよね。

でも実際にアイルランドの方々はアイリッシュ音楽、アイリッシュフォークソングなどというとどんな曲を思い浮かべるのか疑問に思ったことはありませんか?

私はそんな思いからアイルランドへ直接行って、現地の人が認めるアイリッシュフォーク歌手と言えば誰なのか聞いてきました^^

そこで紹介されたのが、ポール・ブレイディ(Paul Brady)さん!

どの曲も哀愁に溢れてて、魂がこもっていてとても素敵なシンガーソングライターでした!!

そこで今回はポール・ブレイディ(Paul Brady)さんの魅力をお伝えしようと思います♪

1.ポール・ブレイディ(Paul Brady)の簡単な経歴

アイルランド出身のシンガーソングライター。

エド・シーランも尊敬しているというヴァン・モリソンと並ぶアイルランドを代表するアーティスト。

日本のサイトでよくみた彼のキャッチコピーは

「アイルランドで最も愛されるシンガーソングライター!」

HP:paulbrady.com

 

若いころ、アイリッシュ音楽に興味を示し、いくつかのバンドに所属。

70年代は、アイリッシュ民族音楽バンド「プランクシティ(Planxty)」に所属し活躍。

解散後は、プランクシティのメンバーであった一人と「Andy Irvine/Paul brady」とデュオを結成。

当時リリースした”Arthur McBride”と  “The Lakes of Pontchartrain” は、今でも彼のコンサートで演奏されているよう。

私は「The Lakes of Pontchartrain」を初めて聴いたとき、

ギターの美しいけどどこか哀愁に満ちた音色と、彼の飾り気のないでも心に響く歌声にノックアウトでした。。

80年代からは、ソロ活動をスタート。

「Welcome here kind stranger」、「hard Station」などのアルバムをリリース。

彼の楽曲はティナ・ターナーやフィル・コリンズらにカバーされたり、

エリック・クラプトンと共演するなど大物アーティストからも絶大な支持を得ているらいしい!!

そして、2017年9月8日 新作となるアルバムUnfinished Businessをリリース!

*注意:英語の読解能力の限界。間違ってたらごめんなさい。*

 

2.ポール・ブレイディ(Paul Brady)のおすすめの曲5選♪
~独断と偏見

1.The Lakes of Pontchartrain ポール・ブレイディ(Paul Brady)

2.Arthur McBride ポール・ブレイディ(Paul Brady)

3.Mary and the Soldier ポール・ブレイディ(Paul Brady)

4.Crazy Dream ポール・ブレイディ(Paul Brady)

5.I will be there エリック・クラプトン(Eric Clapton) 

ポールさん自身もツイッターでこの動画をシェアしていました。

ポール・ブレイディ(Paul Brady)が作曲。

最近、エド・シーランとともに演奏したみたいで、また熱を帯びているようです♪

 

3.日本での公演

日本でもLiveしているようです♪

2015年に丸ノ内Cotton Clubさんでの公演をしていたよう^^

日本でもまた楽しめるかもしれないですね!!

 

4.まとめ

ポール・ブレイディ(Paul Brady)さんは、

アイリッシュ民族音楽のバンドへの加入、その後ソロ活動をスタートしさまざまな音楽分野を開拓、

今なお活躍するアイルランドのシンガーソングライターさんでした!

私にとって一番の魅力は、色んな分野の音楽に造形が深く、ギターもとてもテクニカルなのに、

彼の歌声はとても人間くさくて心に刺さるところ!!

すばらしいよ~!!

まだまだポール・ブレイディ(Paul Brady)ファン初心者なので、これからもっと知って行こうと思います♪

是非、聴いてみてくださいね!!!

最後までお読みいただきありがとうございました!


News Letter
“into the Trad for ayaka”
LIVE映像+音源11本オリジナルソング3曲の音源をプレゼント中!!
 登録フォーム⇒https://maroon-ex.jp/fx83057/o6WTcY

      News Letter を登録してくださった方に、  
     ・特典音源の配信 
     ・YouTube、ブログの新着情報(主に海外生活で役立つ情報や海外の音楽のカバーを発信しています!)
     ・製作の裏話などをお送りしています♪
      今のところ、週に1回程度の予定です^^

      登録時の特典として、Live映像+音源を11曲、オリジナル音源を3曲を、無料でプレゼントしています!
      BlueはiTune等の音楽配信サイトでも販売しているCDになります♪

      ※よくある宣伝、告知ばかりを押し付けるようなメルマガにはしないので、
           定期的にチェックするメールアドレスを登録してもらえたらうれしいです^^

     ↓↓登録フォーム(画像をクリックしてください)

 

【YouTube】自前演奏のカバー動画に著作権侵害のメール!?異議申し立てしてみた!!

こんにちは!

ギターとカメラをたずさえ旅しているシンガーソングライター、元救急外来看護師のAyaka Katsumata です!

 

 

 

最近では、カバーを投稿している人、Youtuberを目指している人、自分の事業の広告、おこずかい稼ぎなどでYoutubeに動画を投稿するひとも多いのではないでしょか?

 

私も旅先で知った音楽をカバーしたり、旅に役立つ情報をYoutube でも発信しています。

 

そんな中、Youtubeからあるメールが届きました。

 

 

それは「○○さんが所有またはライセンスを所持しているコンテンツが含まれている可能性があります。引き続き YouTube には表示されますが、一緒に広告が掲載される可能性があります。」という内容でした。

 

簡単に言うと、「著作権を侵害しているという報告があるけど、相手が収益を受け取るだけで、なにも変わらないか、動画の前にCMが流れるかもしれないよ」というものでした。

 

メールがきたのはこちらの2曲です

Galway girl / Ed Sheeran cover ayaka kastsumata

 

Nancy Mulligan/Ed Sheeran

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/rVBJb4ScVPI” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

このような事例が他にもあるかインターネットで調べてみると、ちゃんとした企業や、乗っ取り目的の悪質な組織などから、Youtubeを通してこのようなメールを受け取ることが、結構起こるみたいです。

 

有名はYouTuberの方も著作権の問題が起きて、謝罪している人もいますよね。

 

今もYouTubeに動画を投稿している方から、これから投稿しようと思っている人まで、YouTubeで著作権の侵害を申し立てられたらどうなるのか、興味のある方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、どのように私の異議申し立てをしたのか紹介したいと思います!

ちなみにまだ申請中で結果は出ていません!

結果が分かり次第報告したいと思います!

 

前提として、、

YouTubeにおけるカバーの投稿は合法です^^

YoutubeはJASRACと包括利用許諾契約を結んでいるので、違法ではありません。

CDの音源などを使うときは違法ですが

 

 

1.Youtubeからメールが届く

 

朝起きるとこんなメールが届きました。

 

すごくびっくりしました、、、


Ayaka Katsumata 様

 

あなたの動画「[Ireland] Galway girl / Ed Sheeran cover ayaka kastsumata ゴールウェイガール/エド・シーラン ギターアレンジ」に、CMRRA, BMG_Rights_Management, CASH, APRA_CS, MACP, Spirit Music Publishing, The Royalty Network (Publishing), KOMCA_CS, FILSCAP, ZAIKS_CS, SOCAN, ARESA, ICE_CS, BUMA CS, WAMI_CS, Sony ATV Publishing, and ASCAP さんが所有またはライセンスを所持しているコンテンツが含まれている可能性があります。引き続き YouTube には表示されますが、一緒に広告が掲載される可能性があります。

 

これが第三者の曲をカバーして演奏した動画である場合は、この動画から収益を受け取ることができます。収益受け取りの設定を変更するにはこちらをクリックしてください。

 

この申し立てによって、アカウントにペナルティーが科されることはありません。この動画に適用されるポリシーについて詳しくは、著作権情報のページをご覧ください。

 

– YouTube チーム


 

2.相手の会社を調べる

 

1.Galway girl / Ed Sheeran cover ayaka kastsumata

KOMCA_CS

CMRRA

BMG_Rights_Management

CASH

FILSCAP

APRA_CS

MACP

ZAIKS_CS

ICE_CS

BUMA CS

Spirit Music Publishing

SOCAN

Sony ATV Publishing

ASCAP

WAMI_CS

ARESA

The Royalty Network (Publishing)

 

2.Nancy Mulligan/Ed Sheeran

BMG_Rights_Management

Spirit Music Publishing

Sony ATV Publishing

ARESA

 

2つの動画にメールがほぼ同時に届きました。(9:44と9:50。)しかも土曜日に。

調べるとホームページがあり、Sonyは配信元、そのほかはほぼBGM系のサイトでした。

 

Spirit Music Publishing/Sony ATV Publishingに関しては、400万もの登録者数がいる方も出版先として概要欄へ載せていた。でもShap of Youのカバーの時だけ。

日本人の方で、悪質な業者だと口コミしている人もいました。

 

3.Youtube上のクリエーターツールで動画を開いて確認

 

動画の編集画面に著作権の項目が増えています。

こわい。

 

4.情報収集

 

インターネット上でこのような事例が他にないか調べると、

いくつかのブログ、動画を見つけました。

以下は不確かな情報です。詳しくは公式のサイトで、ご確認ください。

私は公式は結局ほんとなの?実際の事例はないの?と疑ってしまうので、他のみなさんの事例を探す派です。

 

・もし不服があれば異議申し立てができる

・大抵の場合、通らないことも多い(相手側が正式な権利書をもっているから?)

・異議が棄却された場合、アカウントを削除されることもある

(3回以上このようなことが起きると、削除になるみたい。)

・30日過ぎると異議申し立てができない?

・すぐに申告を取り下げてくれる人もいれば、全然してくれない人もいるらしい

・コンピューターで判定しているため、自分たちが所有している音源に似ていると反応するみたい

 

5.Youtubeの概要欄にコピーライト著作権を書き込む

 

This video is Ayaka Katsumata

Filmed by Ayaka Katsumata

Edited by Ayaka Katsumata

Audio produced by Ayaka Katsumata

Copyright 2017Ayaka Katsumata All rights reserved

 

6.異議申し立てする

消して再度アップしようかとも思いました。

でも、カバーはカバーですが、自分ですべて演奏、編集して完成させているのに悔しい、、

そこで異議申し立てにチャレンジすることにしました!

 

1.異議申し立てをクリック

2.理由を選択する。

「この動画はすべてオリジナルコンテンツで、私がすべての権利を所有しています。」を選択しました。

カバーじゃないのに、すべてってどうなのかなって思いましたが、それじゃないと理由などを書き込むことができませんでした。

 

3.簡単な説明を記載

相手が海外の方のようだったので、日本語と英語両方で記載しました。

また、演奏の音源、Studio one(DTM/楽曲作成ソフト)の作成画面のスクリーンショットをグーグルのクラウドへあげ、そのリンクのURLも記載しました。


*「説明」欄に記入

BGMは自分のオリジナル曲Blue/ayaka katsumataです。

また、演奏は自分で演奏、録音、ミックスしたものです。

以下が作成した音源です。

歌なし:(URL)

Studio oneというソフトを使用し楽曲を作成しました。

作成時の画面:

また、著作権は概要欄に記載しています。ご確認ください。

This audio is produced by Ayaka Katsumata.

I Did Not used your audio. I play the guitar by myself in Software which is called Studio one.

This is my Audio without Vocal. : (URL)

And this is a picture which is display of Studio one : .(URL)

This is my Home Pages : (URL)ayaka-music.com

I wrote down my copyrights in my description. Please read it.

I hope you cancel your appeal.

Thank you for your reading.

Your sincerely

Ayaka Katsumata

 

4.下にある2つのボックスにチェックを入れる。

 

5.異議申し立てを送信というボタンをクリック。

完了です!

 

5.Youtubeからのメールを受信する

 

Youtubeからのメールが届けば、確実に申請されていると思います。

30日以内に相手から返信がくると書いてありました。

なので先に記載した、30日以上たつと異議申し立てができないという情報は、きっと正しいのだと思います。

相手が30日以内に対応しなければ、相手の異議が棄却されるということだと思います。

 

6.まとめ

 

流れをまとめるとこのようになります^^

 

まだ、結果は来てないので、結果が分かり次第記事を書こうと思います!!

著作権の侵害のメールが来てしまったら焦ると思うのですが、落ち着いてこんな順番で対応していただけたらと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!


News Letter
“into the Trad for ayaka”
LIVE映像+音源11本、オリジナルソング3曲の音源をプレゼント中!!
 登録フォーム⇒https://maroon-ex.jp/fx83057/o6WTcY

 

News Letter を登録してくださった方に、ブログとYouTubeを更新したときメールをお送りしています♪
ブログとYouTubeでは、ワーキングホリデーなど海外生活で役立つ情報や
海外の音楽のカバーを発信しています^^

特典として、Live映像+音源を11曲、オリジナル音源を3曲を、無料でプレゼントしています!!
BlueはiTune等の音楽配信サイトで販売しているCDになります♪

※なお、登録にお金は発生しません。
また迷惑メールなどは一切送りませんのでご安心ください。

↓↓登録フォーム(画像をクリックしてください)

 

[ワーホリ]アイルランドで学ぶ伝統音楽の魅力~音楽学校を探す編~

 

こんにちは!

ギターとカメラをたずさえて旅をしている、シンガーソングライター×写真家×旅人(元救急外来看護師)のAyaka Katsumata です!

 

 

アイリッシュ音楽(アイルランドの伝統的な音楽)は 、日本の中ではディズニーのカントリーサンドで流れていたり、ゲーム音楽に多様されていたりして馴染みが深いですよね!

そこで、実際にアイルランドへ行ってアイリッシュ音楽を勉強したい!と思う人も多いのではないでしょうか?

でも、業者が提示する留学費用をとても高く、自分で探すとしても学校もどこがよいかわからず途方に暮れてしまいますよね。

私は今ワーキングホリデーのビザを利用してオーペアの仕事をしながらアイルランドへ滞在しているのですが、
音楽学校・教室を探すのに苦労しています。。

でも、実際に体験レッスンを受けてきた学校、2校のうちから決めました!

今回はその2校を紹介していきたいと思います!!

1.Walton New School of Music(Dublin)

1.概要

ダブリンの中心街にある音楽学校。クラシック音楽から民族音楽、ポピュラー音楽まで幅広く展開しているようです。Waltonという楽器店の系列の学校で、楽器店の上の階に教室が広がっていました。

2.受講できる楽器

基本的なピアノやギター、ヴォイストレーニングから
クラシック、民族楽器、それらの音楽理論まで幅広く網羅しています。

3.コースと料金

1)1回限りのレッスン・・・€50/1時間
2)通年レッスン(30分/1時間/グループレッスンなど)
30分を通年で受講した場合 合計€760

*通年のコースも途中の週から参加できます。
*分割で支払うことが可能です。
*2クラス目から割引あります。

4.練習室の有無

あり。€5/1時間

5.体験レッスンを受ける方法

残念なことに体験レッスンはなく、1回限りのレッスンを受けなければいけないと言われました。
なので、1回限りのレッスンを受講する方法を乗せたいと思います。

①こちらのコンタクトフォームから問い合わせる
 http://www.newschool.ie/Contact_Us/Default.25.html
②私は自分の勉強してきたこと、勉強したいこと、希望する日にちを送りました。
③詳しい説明や日程を送ってくれるので、メールをやり取りして完了です。

6.感想

まず、受付の方が、親日派の方でダブリンという土地柄たくさんの外国人を受け入れているので、とても親切に対応してくださいました!
最初は先生よりも受付の人にお世話になることが多いから、大切ですよね♪

受けたコース:ギター/ヴォーカル

1)ギター
勉強したい内容を伝えてはいましたが、アイリッシュ専門というわけではない先生でした。でも少し年をめした方でサポートやレコーディングの仕事もされているみたいでした。実際に授業が始まると、どんなことをしたいかお伝えし、「やりたい曲ある?」と言われ、曲を伝えると耳コピの速さが尋常じゃないくらい早く、さらに理論の知識も深く、すごい先生でした。どんな曲がおすすめか聞いたときに、私の話した方向を少し違うなと思うから、もう少し話さなきゃいけないなと思いました。^^;

2)ヴォイストレーニング
見た目がかわいらしい感じなのですが、はきはきと教えてくださる女性でした。
最初にどんなことをしたいのか、伝えるとしっかりとメモをとってくださり、
最初に音階でチェックした後、教えてほしいと言っていたMixヴォイスについてじっくり教えてくださいました。その後は曲を歌いながら、ヘッドヴォイスについて練習しました。Mixヴォイスといった瞬間に”My favorite one!!”と笑顔になり、レッスン中も和やかな雰囲気でした^^
ただ、私は仕事があるので土曜日がベストなのですが、その先生は通常土曜日にいなく、もしとるなら平日になるようでした。土曜日の他の先生も今のところおらず、一人病気でこれてない先生がいるから、その先生次第と言われました。。

3)総評

私の感想としては、料金もそんなに高くなく、先生もよく、練習室も使えいいことだらけです。
ただ私の問題としては
①Newbridgeというところに住んでいて遠いため、時間と交通費がかかる。(往復€16.5)
②土曜日にヴォーカルの先生がいない。平日に通うのはかなりしんどい。
③今の仕事の関係で通年で通うかすぐ決められない。
ですね、、
もし通うとしたら
とりあえず、ギターとヴォーカルを1時間を交互に1週ずつとるかな、、
もし、土曜日も先生がいるようになったら通年も考慮して、仕事ともに検討しようと思います!

2.School of Music (Newbridge)

1.概要

地元の音楽教室ですね。ロイヤルアイリッシュアカデミーとかロンドン音楽大学の試験場になっているみたいです。
あと先生もちゃんと専門の学校卒業しているよと書いてありました。

2.受講できる楽器

ピアノ、ヴァイオリン、ドラム、キーボード、ヴォイストレーニング、ギター、ウッドウィンド

3.コースと料金

€200/10週

4.練習室の有無

なし、、、ガーン

5.体験レッスンの受け方

直接いく!ことをお勧めします。
私の場合、コンタクトフォームから見学したいと連絡しました。
そしたら、直接来てくれれば、詳しい人いるから来てねと書いてあったので直接行きました。そしたら、受付の人に「体験レッスンですか?予約しましたか?」と言われ、1時間後にまたくるよう言われました。私のメッセージが体験レッスンを受けたいというよりは見学したいと書いていたので、しょうがないのですが時間がもったいなかった。。

一応コンタクトフォームはこちら
http://www.newbridgeschoolofmusic.ie/contact-us

6.感想

体験レッスン:ギター

1)ギター
若いかっこいい男性の方でした!笑 私の話もきちんと聞いてくれ、パソコンを持っていらっしゃったので、動画を見ながらこんな曲をやったらいいんじゃないかな?と探してくれました^^正直なところ、ダブリンの先生と比べてしまうと、教えている経験や理論的な深さが心配かなと思いました。でも、私のやりたいことに合わせて考えてくれていたのでよかったです。あと、おすすめのパブも教えてもらえました!

総評
私としては、近いし、交通費や時間を無駄にしないしのが一番の魅力です。

ただ「練習教室が使えない」ことが問題です。
思い切り練習できる部屋がほしい、、

3.まとめ

ここまで紹介したことを表にしてまとめるとこんな感じです。
縮小していただくと見えます!

  Walton new school of music Newbridge School of music
授業料

通年コース:1年間€760 安い!
1回コース:1時間/€50

€200/10週
*つまり€20/30分/1週間
*1年間にしたら€960くらい
*でも10週間しばりで臨機応変

コース 豊富
民族音楽もたくさん!
通常の音楽の学校
練習室 あり! なし
交通費

私の場合 €16.5

私の場合 かからない

先生 経験豊富な先生
*でも土曜日にヴォイストレーニングの先生いない
若く臨機応変に対応してくれる先生

もしダブリンに住んでいたら、Walton New Schoolにしていたと思います!
私の場合、土曜日に先生がいなかったので、近くの音楽教室であるNewbridge School of musicに行こうと思います。
また、来月Walton New Schoolに連絡して、土曜日の先生の状況を確認しつつ、今後の自分の仕事のことも合わせ考えていきたいと思います。

この記事で、体験レッスンの受ける流れや雰囲気が少しでも伝わり、
みなさんが本当に行きたいと思える音楽教室を探す、お手伝いができたらうれしいです^^

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

News Letter
“into the Trad for ayaka”
LIVE映像+音源11本、オリジナルソング3曲の音源をプレゼント中!!

 

News Letter を登録してくださった方に、ブログとYouTubeを更新したときメールをお送りしています♪
ブログとYouTubeでは、ワーキングホリデーなど海外生活で役立つ情報や
海外の音楽のカバーを発信しています^^

特典として、Live映像+音源を11曲、オリジナル音源を3曲を、無料でプレゼントしています!!
iTune等の音楽配信サイトで販売しているCDになります♪

※なお、登録にお金は発生しません。
また迷惑メールなどは一切送りませんのでご安心ください。

↓↓登録フォーム(画像をクリックしてください)

https://ayaka-music.com/newsletter